【映像クリエイター】吉田ハレラマ・映像戦国時代をケロリと生きる

インタビュー

音楽生配信はmahocast

吉田ハレラマのMVの原点とは?

 

イッセイ:ハレラマさんのMVの原点って一体なんだったんでしょう?

 

 

ハレラマいきものがかりの「コイスルオトメ」ですね。

この前iTunesで買ったんです。(笑)

主人公である女の子が「手を繋ぎたい」っていう願い事を書くところからスタートするんです。

そしたら、そこからなぜか白線を引いて歩くところで1番が終わるんです。

2番からは好きな男の子がこの線を…

 

 

イッセイ:なんか胸がきゅんきゅんしましたね。それにシュールかつ、しっかりストーリー展開が上手くて…

1曲通して、観れるMVですね。

 

ハレラマ:でも今はYouTubeとかでMVが重要になってきているから、こういう曲全体でストーリー性を出すことより、

もっと小刻みな波がないと、最後まで観て貰えないっていうのもわかっているんです。

でも、このMVは女の子の気持ちを軸に色々なアイデアが練り込まれているのがとても好きです。

これからの映像クリエイターを夢見る人へ

イッセイ:僕もバンドマンの時にMVを専門学生に依頼したことがあって、正直単価としてはかなり安かったんです。

でも彼らは「勉強になるんで、むしろありがたいです!」って言ってくれて

 

ハレラマ:それはいいことだと思いますよ。

僕も作例が少ないっていう時代に「それでもいいので、やってくれ」っていう時代があって、

今こうして映像クリエイターとしてやってこれているから。

その子達にとって当時は必要な経験だったんだと思います。

僕も駆け出しの時、「自分の技術に見合った報酬」をいただくようにしていたのもあって、

周りのクリエイターとか普通の相場で決めないようにしていました。

自分は「この金額を貰ってもいい」と思っているのであれば、それでいいと思います。

でも、もし技術が伴っていないと思うなら、そのギャップを埋めていくためにどのようにしていくのがいいのかを考えながら頑張って貰いたいです。

 

取材を終えて…

ハレラマさんの話は周りに流されずに、自分と見つめ合ってきた結果が今の作品に現れていると思う。

時に柔らかく・時に鋭く、アーティストの表現したい世界観を視覚で観れるようにしている。

 

様々な職種を転々としながらも、映像制作の手を止めることはなかったことに僕は愛を感じたし、

これこそがクリエイターの考えとして、最も正解に近いんじゃないかなと思った。

 

お金を稼ぐことは重要だ。家族がいればそれを養う必要があるし、生きていく上で欠かせない。

だからこそ自分の作品が一体どれくらいの価値があるのか、それが本当に正しいのかは常々考えなければいけないし、

簡単にお金をもらっていいものでは無いんだと思いました。

 

吉田ハレラマさん、突然のダイレクトメッセージから、取材を快く引き受けて頂きありがとうございました!

 

それでは次回!

 

 

イッセイでは色んなアーティストの情報お待ちしております!

その他にもまだまだ、イッセイでは新しいアーティストの情報をお待ちしております!

CONTACTはこちら

お待ちしております!

音楽の生配信はmahocast